FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
ほめ方
親が良いことをほめ、悪いことを叱る。これで子供は善悪の判断力が
ついていきます。
むやみやたらにほめたり叱ったりしてはいけません。
やっぱり基準をもったほうがいいと思います。

結果をほめるよりは過程をほめたほうがいいとされます。

テストで良い点をとったとき、「よくやったね、偉いね」と
その結果だけをほめるのでは、子供は良い点さえとれば

いいんだと思い、時にはカンニングをしてでも良い点を
とろうとする場合もあります。


ほめるポイントは結果ではなく、その過程でいかに
努力をしたかなのですね。

あまり満足のいく点をとることができなかったとしても努力する気持ちを
もったことを是非ほめてあげるべきです。


大人になった今でも努力することは大変だし辛い時もあります。

親が努力する自分を見ていてくれたと感じた子供は
また次も頑張ろうと思うのです。


育児書にはない子供の躾(しつけ).com トップページへ>>



育児のストレスや悩み、疲れ・・・、一人で抱え込んでいませんか?
ちょっとだけこちらを覗いてみてください。
ヒロシパパが何かあなたにヒントをくれるかもしれません。
↓↓↓


育児書にはない子供の躾(しつけ)!魔法の育児術!



スポンサーサイト
[ 2008/12/16 11:26 ]

| ●躾(しつけ)の基本 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。